ここがページのトップです

新着情報

  • TOP
  • 新着情報一覧
  • 環境省委託事業の最終年度として「テーパー型基礎杭」の検討会を開催しました

環境省委託事業の最終年度として「テーパー型基礎杭」の検討会を開催しました

  • 2020/03/23 トピックス
テーパー杭打設 バイブロ引抜き ストレート引抜き

当社が現在技術開発?実証を進めている「テーパー型基礎杭」について有識者検討会(2020年2月26日)を開催し、実証結果報告およびテーパー杭の効果について審議していただきました。

?

本事業は、環境省「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発?実証事業」(平成29年度から令和元年度までの3カ年)の委託事業として実施しており、洋上風力発電の着床式基礎として撤去可能「テーパー型基礎杭」を開発し、CO2排出量と施工コストが削減されることを実証するものです。

?

これまで、室内試験、陸上実証(杭径1.5m)、海上実証(杭径2.3m)を行い、テーパー杭の効果や設計法の考え方について開発を進めてきました。?

?

陸上?海上実証による主な結果

?テーパー杭は、ストレート杭より杭長が短く軽量化されると、施工性が改善され引抜き易くなると期待できる。

?撤去に係る効果は、CO2削減量は4.8t-CO2/本、コスト削減料は511.4万円/本となり、全体建設費の6%程度と見込まれる。

?

今後、さらなる研究開発を進め、洋上風力発電施設の基礎として導入促進を目指し、社会に貢献していきたいと考えております。

免费AV片在线观看_在线播放免费人成动漫视频_性爱巴士