ここがページのトップです

技術情報

DJM(粉体噴射攪拌)工法

概要

DJM工法は軟弱地盤中に粉粒体の改良材を供給し、強制的に原位置土と攪拌混合することにより土と改良材を化学的に反応させて、土質性状を安定なものにするとともに強度を高める工法です。
施工事例「斐伊川方水路馬木堤防工事」

特徴


  1. 土質性状と必要強度に応じて、改良材の種類と混合比を自由に選ぶことができます。さらに粉粒体と土を攪拌混合するのでスラリーに比べ混合比が少なく、経済的です。

  2. 粉体材料の生石灰、セメントはもちろんのこと、最大径が5mm以下の粉粒体であればスラグ、排煙脱硫石膏など、広範囲に使用できます。

  3. 改良材を面的に散布し、続いて回転翼により攪拌するため、改良材の分布のばらつきが少なく、広範囲の改良強度を任意に選定することができます。

  4. 施工深度、攪拌回転数、貫入?引抜き速度、改良材供給量などの自動記録が可能であるとともに、これらのコントロールが容易です。

  5. 水を使用しないので現場が汚れないばかりでなく、改良地盤の盛り上がりがほとんどないため、排泥処理の必要がありません。

  6. 改良材の搬入から施工中の噴射にいたるまで、クローズなシステムを採用しているため、粉塵の発生がありません。又、騒音、振動の少ない静かで安全な工法です。

  7. 本体は自走式なので移動、位置決めが容易です。また自動化された改良材供給装置などにより、省力で効率のよい施工が可能です。

工法協会

免费AV片在线观看_在线播放免费人成动漫视频_性爱巴士