ここがページのトップです

技術情報

CPG(コンパクショングラウチングデンバーシステム)工法

概要

コンパクショングラウチング デンバーシステムは「静的圧入締固め」、スランプ5cm以下の極めて流動性の低いモルタルを、振動や衝撃を全く与えずに地盤中に圧入する技術です。
圧入されたモルタルは、その低い流動性ゆえに逸走することなく所定の位置に固結体を造成します。この固結体が周辺地盤を圧縮し、密度を増大させます。
施工事例「平成21年度 国海整備第1号 富田港地区護岸(補強)工事」

施工方法


  1. ボーリングマシンで削孔する。

  2. 削孔完了後、ボーリングマシンと注入管リフト装置を入れ替える。

  3. 低流動性材料をCPGポンプにより圧送し、地盤中に圧入する。

  4. 圧入完了後、注入管リフト装置を用い、ステップの注入を行う。

特徴


  1. CPGポンプを用いた静的圧入により、無振動、低騒音で地盤を締固めます。

  2. 地盤変位や構造物変位が少なく、既設構造物の直下、直近地盤といったこれまで困難といわれたケースに威力を発揮します。

  3. 小型ボーリングマシンと注入管リフト装置を使用するため、上空制限がある場所や、既設構造物の内部等の狭い作業空間や、施工時間を制限された供用中構造物直下の施工が可能です。

  4. 小口径(外径約70mm)ロッドにより削孔するので、対象地盤の上部に硬い地盤が存在しても容易に貫通し、改良を行うことができます。

  5. 注入量の変更により土層毎に最適な改良率を選定できるので、経済設計が可能です。

工法協会

免费AV片在线观看_在线播放免费人成动漫视频_性爱巴士